グループホームとは?認知症ケアに特化した共同生活施設

グループホームとは、高齢者で認知症を発症した方が、できるだけ家庭で暮らしているかのような環境で共同生活を送るための施設です。入居者が交流することのできる食堂やリビングなどがあり、職員は適切な介護や支援を行いながら、自立の手助けをします。

グループホームとは

介護 転職 神奈川,老人ホーム 神奈川

グループホームとは、認知症ケアに特化した、認知症の方のための共同生活施設です。一般家庭に近い環境が作られていて、最大2ユニット(定員1ユニット5人から9人)の入居者に対し、介護や支援などのサービスが提供されています。「認知症対応型共同生活介護」と呼ばれることもある施設には、居室やトイレ、浴室はもちろんのこと、交流スペースとしてのダイニングやリビングスペースも設けられています。このような環境の下、入居者は、家事なども行いながら生活します。グループホームは、認知症を患った方たちが、自立して共同生活を送ることをサポートする施設だとも言えるでしょう。

グループホームの入居条件

グループホームは、認知症患者のための施設なので、65歳以上で、要支援2,もしくは要介護1以上、そして認知症を患っている方が入居できることになります。さらに地域のサービスであるため、施設と同じ地域に居住している(住民票をおいている)必要があります。グループホームによっては、ほかにも条件が設定されている場合があるので、入居を考える場合は、まずは各グループホームに確認してみましょう。

グループホームの生活にかかる費用

グループホームへの入居には、一般の賃貸住宅に入居する際と同様に、初期費用となる保証金などを入金する必要があります。こちらは敷金的なもので退去時には返金されるものですが、まったく必要ない場合もあれば100万円以上かかる場合もあります。また、償却型の施設もあるので入居前に確認しましょう。ひと月にかかる費用は、自己負担分の家賃や電気代、食事などに加え、介護サービス料で、目安としては10万円から30万円程度です。もちろん、施設によってはこの範囲に収まらない場合もあります。

グループホームが提供するサービス

グループホームは介護保険法により、入浴や食事、排泄の介護と機能訓練、そして日常の世話が提供される施設だと定義されています。認知症ケアに精通した介護スタッフ、リハビリやレクリエーションなどを行うスタッフなどが配置され、サービスを提供しています。介護スタッフは常駐していますが、医師や看護師の配置は義務ではありません。ただし、近年ではニーズの高まりもあり、医療や看護スタッフのいるグループホームも出てきています。

グループホームと有料老人ホームの違い

認知症を患った高齢の方が入居可能な施設として、グループホームのほかに、有料老人ホームが挙げられます。ただ、この両者は、入居条件やサービス面、費用面で違いがあります。

・入居条件
グループホームの入居者は認知症患者に限定されますが、有料老人ホームの入居者はその限りではありません。
・サービス面
グループホームは、自立を支援するための施設であり、リハビリやレクリエーションは充実していますが、医療サービスに力を入れているわけではありません。その点有料老人ホームの場合は、医療や看護に力が入れられています。
・費用面
入居前の一時金に数百万円がかかるグループホームもありますが、有料老人ホームの場合は、億の入居一時金がかかる施設もあります。

グループホームの選び方

グループホームは、認知症を患いながらも、集団の中で自立した生活をするための施設です。グループホームは、入居を希望すればすぐ入れるという施設ではありません。自宅での介護に不安や限界を感じる場合は、早めにアクションを起こすようにしましょう。グループホームに入居する際は、審査を受けなければなりません。また、入居待ちの列に並ばなければならないことも珍しくないので、準備は早めが鉄則です。
グループホーム選びでは、他の介護施設同様、実際に訪問して話を聞き、五感を使って感じることが大切です。チェックポイントとしては、「スタッフの数」「スタッフの質や雰囲気」「入居者の生活の様子」、そして「医療面」でしょう。グループホームの場合は基本、医療面に力を入れているところは多くありません。医療面を重視するなら有料老人ホームという選択肢も考えるといいでしょう。
まず、インターネットなどで施設を検索、いくつかの候補に絞ったうえで実際に訪問することをおすすめします。数ヶ所のグループホームを訪れることで、比較しながらベストな施設を選ぶことができます。その後、可能であれば、体験入居してみましょう。諸条件を確認しつつ、問題がなければ契約、入居という運びになります。

グループホームは地域とつながる認知症ケアの場

日本政府は、今後も高齢化が急速に進行していくと考えられている中、認知症対策として、認知症を患う高齢者を、地域ぐるみでサポートしながら、住み慣れた地域で暮らしてもらうという施策を進めています。グループホームは、この施策の中心的な場所であり、このおかげでグループホームの数自体も増えてきています。
グループホームは、認知症の高齢者が暮らすだけの場所ではなく、認知症についての啓発活動を行ったり、介護を行う家族の相談窓口になったりします。また、地域とのつながりを深めるための行事への参加や、カフェ、サロンの運営によるコミュニティ作りも行います。地域のお祭りや清掃活動などへの認知症患者の参加は進んでいて、このような交流があることで、グループホーム入居者は生きがいを感じ、生活も豊かになります。グループホームは、さまざまな活動を通して、地域住民の認知症への理解を深め、地域一丸となって認知症ケアを行うための下地を作る役割も果たしているのです。ただ、このような地域との交流もまだ始まったばかり。課題を一つひとつクリアしながら、今後も仕組み作りを続ける必要があるでしょう。

メリットとデメリット

介護 転職 神奈川,老人ホーム 神奈川

グループホームは、認知症を患うすべての方に適合する施設ではありません。メリットとデメリットを考えながら、適切な施設を選ぶ必要があります。

グループホームに入居するメリット

・認知症ケアに詳しいスタッフ揃い
認知症患者のための施設なので、スタッフも認知症に精通しています。
・自立した生活
スタッフと共に、家事も入居者が行うので、日常生活におけるリハビリとなり、症状進行を抑制します。
・少人数制
認知症の方にとって、環境の変化はストレスになりがちです。少人数制の施設は入居者の顔も覚えやすいためストレスを感じにくく、スタッフも決まっているのでサービスもケアも行き届きやすいのです。
・住み慣れた地域での生活
地域密着型のサービスなので、入居者のストレスにあまりなりません。
・充実したアクティビティ
レクリエーションなどのアクティビティが豊富です。
・利用料
有料老人ホームと比較すると利用料がリーズナブルです。

グループホームに入居するデメリット

・住民票が必要
グループホームは、地域密着型のサービスであるがゆえ、入居者自身の住民票が施設と同じ地域になければなりません。
・要支援2以上
グループホームへの入居は、介護保険において「要支援2以上」の認定が必要になります。
・医療面に不安
グループホームは自立支援型の施設なので、医療や看護スタッフの配置は義務ではありません。そのため医療ケアは限定的になります。
・即入居が難しい
グループホームは定員が少ないこともあり、入居待ちの列に並ばなければならないことが多くなります。